くわだてありき

田橋るう(たばし るう)です。吹奏楽とかアトマネとか高架下とかのはなしをしてます。

音楽堂これくしょん 三鷹市芸術文化センター 風のホール

東京のまんなかあたり、都心とはちょっといいにくくなってくるとはいえ立派に東京都内のJR三鷹駅からアクセスできるホールは、さていくつあるでしょうか。北口の方へずずいと進めば武蔵野文化会館(公称では徒歩17分)。クラシック愛好家の間では敬意をもって「むさぶん」なんて呼ばれます。そして反対側へ進めば、今回お邪魔した三鷹市芸術文化センター 風のホールにたどりつくという訳です。

むさぶんは(よく知られているとおり)確かに遠さはあるのですが、一本道をひたすら進めばよいので気が楽です。道のわかりづらさでは、三鷹市芸術文化センターのほうが若干上だといえるでしょう。2、3回かくかくと曲がって、大通りをひたすら歩きます。公称『約15分』ということになっていますが、体感的にはもっとかかったように感じました。知らない土地でもバスに乗るのが得意というつわものな方は、駅前からバスで3駅をおためしください。バスって駅前のたくさんあるバス停から行き先を選ばなければいけないというシチュエーションがもっとも難易度が高いと思うのは、私だけでしょうか。帰りはホールの目の前にあるバス停から乗れば自動的に駅まで運んでくれるのですから、だいぶ気が楽です。

緑ゆたかな八幡神社の角を越せば、あと少しです。ようようたどり着いたのはモダンな外観の大きな建物。複数ホールをもつ総合文化会館タイプですね。

 風のホール…625席の音楽ホール、

 星のホール…250席の多目的ホールは演劇、古典芸能もよくやるようです。

 ほか、創作・展示室や音楽練習室を有しています。

 カフェレストランも併設。しっかりしたランチ・ディナーも楽しめそうです。

 

ホール正面の入り口を入ると、ひろびろとしたロビーが。ベンチもたっぷりで、待機場所としても有効です。というかここで、歩き疲れた足を休めなくては先に進めません。星のホールの入り口が手前にあり、風のホールの入り口は最奥。なにかにつけよく歩く日です。

ロビーもそうでしたが、ふんだんに木を使った内装は落ち着きます。床と1階席の壁面、椅子に木が使われており、音響は大変優秀。HPでは満席時1.8秒とのことでしたが、2階席ではより残響が大きくなるように感じました。シューボックス型の客席の、だいたいどこに座っても響きは良いでしょう。ただしサイド席は売り止めになるか、売っても角度が大きいので、そこは注意が必要でしょう。

音の特徴としては、すみずみまで音を見通せるという印象。室内楽全般、歌ものでもリートのような曲目が映えるだろうなあ。また、普通のホールでは物足りなくなる室内楽編成のオケや古楽オケなどでも、十分に魅力を楽しめるように思います。

利用価格は平日全日で100,000円、土日祝で120,000円。(区分使用ならもすこしお安い)収容人数を考えるとリーズナブルに思えますが、三鷹というアクセスが果たしてどう影響するのかは、催事内容とも要相談かも。平日夜の公演だと、電車は通勤ラッシュとかぶります(おまけに人身事故など起こったら遅れは必須…)

地味に注目すべきなのは、一般客の使える駐車場があること。地下タイプで47台収容と台数は少な目ながら、都心に近い立地で駐車場はなかなか無いでしょう。早めに来ていないと難しいかもしれませんが、アクセスに悩む貴兄には一考の価値ありかもですね。

mitaka.jpn.org

 

(noteより転載・初公開2016/7/17)